食品宅配☆ハーモニックトラストなど紹介してます♪

食品宅配☆ハーモニックトラストなど紹介してます♪

本当に安心安全な野菜とは…無農薬野菜よりもさらに、安心安全な肥料を入れないおいしい野菜です。そんな野菜作りをしている自然栽培農家を応援しています。 自然栽培の肥料を入れない野菜を買うことは、家族の健康と未来を守るための投資です!

« 2008年12月 | 食品宅配☆ハーモニックトラストなど紹介してます♪2009年02月 »

食品宅配☆ハーモニックトラストなど紹介してます♪の最新記事【2009年01月】

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 自然栽培のお米を食べるメリットとは?... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜セット 玉ねぎ レシピ ハーモニックトラストとそら 自然栽培(無農... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト お米の安全性について ハーモニックト... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト お米の安全性について 有機栽培の危険... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト お米の安全性について 家畜糞尿 ナチ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】害虫を寄せ付けない肥料を入れない畑から、安心安全で、栄養満点でおいしい野菜が生ま... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】そら 自然栽培の野菜・米・果物、自然食品の通販・宅配を紹介します。 そら 自然栽... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】そら 自然栽培の野菜・米・果物、自然食品の通販・宅配を紹介します。 そら 自然栽... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】そら 自然栽培の野菜・米・果物、自然食品の通販・宅配を紹介します。 そら 自然栽... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】自然栽培の肥料を入れない野菜を買うことは、家族の健康と未来を守るための投資です!... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 安心安全な天然魚の干物の産地直送 干... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 安心安全な天然魚の干物の産地直送 魚... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配 オイシックスで売っている商品がスーパ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】冨士純良バター メーカー希望小売価格 350円(税別)オイシックス価格 80g ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 田中屋 純正濃口醤油 90... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 よつ葉 北海道十勝の3種のチ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 無添加 ライトツナフレーク ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 忠さんのえびふりかけ 50g... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いいたします。 ブログ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 桜たまご(6個) 279円(... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品とは 発酵していない発酵食品 醤油 蒸した大豆と炒った小麦を砕いて種... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】2月23日 安全安心な健康食品が届きました(オイシックス)⑰ うのはなクッキー2... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】本当に安心安全な野菜とは…無農薬野菜よりもさらに、安心安全な肥料を入れないおいし... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】肥料を入れないから無農薬…それが自然栽培です。 ナチュラルハーモニー ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】冷凍ホワイトソース 100g×2 360円(税込378円)   原材料 :牛乳、... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】新鮮 鮮魚 宅配 鮮魚 宅配 お得な宅配サイトをご紹介します! 鮮魚 宅配 石巻... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 【自家採種】伝統栽培 北海道... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品とは 発酵していない発酵食品 味噌 かつての味噌の原料はすべて大豆で... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品とは 発酵していない発酵食品 日本酒 戦後から科学技術の発展で、酵母... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な食品とは 発酵食品の現状 現在の発酵食品の現状は、どうなっているのでし... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 肉まん(国内製造)100g/... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】新鮮 鮮魚 宅配 鮮魚・干物のインターネット販売 (有)越紋商店 天日干し干物お... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】新鮮 鮮魚 宅配 鮮魚・干物のインターネット販売 (有)越紋商店 天日干し干物お... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全 お米の宅配 食品宅配サービスを紹介します。 ナチュラルハーモニー ハー... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】本当に安心安全な食品とは…化学物質、添加物を入れない安心安全な食品です。 安心安... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト  肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】自然栽培(無農薬・無肥料)で活性酸素対策 肥料を入れない野菜と活性酸素 活性酸素... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】新鮮 鮮魚 通販 鮮魚・干物のインターネット販売 (有)越紋商店 産地直送地魚お... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】本当に安心安全な食品とは…化学物質、添加物を入れない安心安全な食品です。そんな発... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト 肥料を入れない野菜の宅配 ハーモニッ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】オイシックス VIP会員になりました。 2009年1月8日【ご招待状】 Oisi... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】1月14日 安全安心な健康食品が届きました(オイシックス)⑯ 肉まん(国内製造)... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】肥料を入れないから無農薬…それが自然栽培です。 肥料を入れない野菜の宅配 ナチュ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】新鮮 鮮魚 通販 鮮魚・干物のインターネット販売 (有)越紋商店 鮮魚 宅配 産... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】鮮魚 宅配 宅配サービスが届いたら… 鮮魚 宅配 安心安全な調理方法のコツ 特に... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】鮮魚 宅配 旬の魚販売:のん気な魚屋 鮮魚 宅配 アジ レシピ マアジ/3枚おろ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品 発酵食品 味噌・醤油などの発酵醸造食品は、麹菌、酵母菌などのさまざ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】鮮魚 宅配 鮮魚 宅配・干物のインターネット販売 (有)越紋商店 千葉県南房総の... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】旬の無農薬野菜 宅配 はにーびー 栽培方法:無農薬・無化学肥料栽培 ルッコラ ス... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ハーモニック・トラスト 自家採種で安心安全な野菜づくり 本当に安心安全な野菜とは... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜 種子の安全性 自然栽培、無農薬野菜、有機栽培など作物のみが話題に... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品 食品宅配サービスの紹介 有機野菜・無農薬野菜のミレー 千葉県から直... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品で健康になる オイシックス宅配食品紹介 あらくつぶしたトマト 500... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全食品 食品宅配サービス 鮮魚 宅配のご紹介です。 鮮魚 宅配の産地直送販... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】北海道の大地で自然栽培!農薬を使わず、無肥料に挑戦しているClub大地 Club... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】北海道の大地で自然栽培!農薬を使わず、無肥料に挑戦しているClub大地 雑草も抜... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜とは(無施肥無農薬栽培)  固定種 絶滅の危機 F1品種の拡大がも... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜 種子の種類 安心安全な種は? 種子の種類 固定種・在来種・地方種... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜とは(無施肥無農薬栽培)  種子について 在来種(固定種)で野菜づ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全な野菜 種子について  F1種とは  日本は種の自給率が1割もないといわ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】安心安全なきのことは 原木栽培【無農薬・無肥料】 自然栽培 きのこ 原木栽培しい... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】旬の無農薬野菜 宅配 はにーびー 栽培方法:無農薬・無化学肥料栽培 はにーびーは... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】旬の無農薬野菜 はにーびー 栽培方法:無農薬・無化学肥料栽培 はにーびーは、無農... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】鮮魚 宅配の産地直送販売 お試しセットが届きました。 鮮魚 宅配:のん気な魚屋 ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】シェフの高級ミニパイ 20個(10種類×各2個)2,500円(税込2,625円)... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】鮮魚 宅配の産地直送販売 鮮魚 宅配:のん気な魚屋 各産地の旬の魚の水揚げ情報を... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】自然栽培の肥料を入れない野菜を買うことは家族の健康を守るための投資です! アトピ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】ナチュラルハーモニー・ハーモニックトラスト【無施肥無農薬栽培】 安心安全な野菜 ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】害虫を寄せ付けない肥料を入れない畑から、安心安全、栄養満点でおいしい野菜が生まれ... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】農薬も化学肥料、有機肥料さえも使っていない自然の力が野菜を育てる!肥料を入れない... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。

【抜粋】自然栽培(肥料を入れない野菜)農家を応援するキャッチコピーを考えています。多くの... 【本文】

ナチュラルハーモニー ハーモニックトラスト

自然栽培のお米を食べるメリットとは?

ハーモニックトラストの会員になって、自然栽培のお米を食べることのメリットについてご紹介いたします。

●農薬や化学肥料などの化学物質の危険が極めて少ないお米です。安全と思う有機栽培でも使用の認められた農薬があります。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると化学物質の危険を避けられます。

●有機肥料や市販の化学肥料には、家畜の糞尿が肥料として使われています。その家畜は抗生物質やホルモン剤を多用しています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べると肥料の危険を避けられます。

・糞尿に含まれる抗生物質は菌を殺すので、発酵の際の微生物が少なくなり、未熟なまま、肥料にされることがあります。未熟な肥料は病原菌の繁栄を促します。

・家畜糞尿は、薬である抗生物質が効かない耐性菌が増える温床となっています。

・肥料に使われる家畜糞尿には、家畜の餌である飼料が含まれます。家畜飼料は海外から輸入されるものが多く、遺伝子組換えの危険も排除されません。

●下水処理の汚泥や、お茶粕、菜種粕などすべての原料に含まれる栽培過程や農薬や肥料、種の汚染が考えられます。肥料を入れない自然栽培のお米は、シンプルな農法なので産業廃棄物混入の危険を避けられます。

●農業地域や畜産県での地下水の肥料成分による汚染が指摘されています。肥料を入れない自然栽培のお米を食べることで地下水や土壌の環境を守ることができます。

●モチモチした食感を求めるために、お米の種が遺伝子操作されている場合があります。自然栽培のお米は、遺伝子操作米を食べるリスクを避けられます。

●モチモチとした食感を求め品種改良されるお米に対して、自然栽培のお米はでんぷん成分のバランスが良くあっさりしています。


『食品宅配☆ハーモニックトラストなど紹介してます♪』のサイトトップへ

検索


カテゴリーをチェック
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

ありがとうございます♪
最新フィードバック
管理人プロフィール